糖尿病で勃起力低下

男性にとって勃起が出来ないというのは、非常につらいものです。勃起力低下には色々な原因がありますが、そのうちの一つに糖尿病もあるのはご存知でしょうか。多くの合併症を引き起こす糖尿病、一体どういった関係なのでしょう。

糖尿病と勃起力低下の関係性

糖尿病になると勃起力低下を引き起こす可能性が高くなります。まず勃起する仕組みとしては、人間は視覚や聴覚からエッチなことを妄想します。夏になるとたいてい女性は薄着になるため、かがんだ時につい胸元が見えてしまうことがよくあります。そうなると女性の裸を思い浮かべてしまうものです。その時に副交感神経から指示が出て、陰茎の海綿体に血液が送られます。しばらくすると静脈の血管が閉じるので勃起が起きるわけです。ですから血液の流れが悪かったり、静脈がしっかりと閉じないと勃起は起きません。糖尿病になると血液の粘性が高くなるので流れが悪くなり、勃起力が低下します。ただ、病気そのものが原因である場合と、精神的なものが原因である場合と両方あります。精神的なものが原因というのは、自分は糖尿病になったから勃起力が低下してしまうのではないか、という精神作用が、勃起不全を引き起こしてしまうということです。30代になると特に男性は糖尿病になる人が増えてきます。健康な成人男性と比べると勃起不全になる確率は3倍近くになります。
では糖尿病になったらもうあきらめるしかないかというとそんなことはありません。根本的に糖尿病を治療することが一番大事ですが、精力剤を使うことで勃起不全に対しては一時的に効果があります。精力剤は色々な種類がありますし、病院で医者の処方箋をもらう必要もありません。最近の精力剤には漢方的な作用もあるので、勃起不全を根本から治してくれる可能生もあります。また、精力剤を使って一回、二回と上手にセックスができれば、自分に自信が出てきて通常通りセックスを楽しめるようになるかもしれません。いずれにしても夫婦関係を円滑にするためにも精力剤は不可欠でしょう。

煙草、酒以外での勃起力低下の原因

勃起力を低下させる要因として知られているのが煙草と過度の飲酒です。
飲酒に関しては適量を守っていれば特に問題はありません。
むしろ適量の飲酒はリラックス効果により、緊張から解放してくれるメリットがあります。
SEXにおいて緊張は悪く作用することが多いのです。
興奮に関しては強いほどいいですが、緊張すると勃起不全を招くことがあります。
風俗初心者が風俗で射精できないことが多いのは、過度の緊張を感じてしまうからです。
普段マスターベーションだけで射精を済ませている方が、たまにSEXをしようとしても緊張して立たなくなるのも同じです。
煙草に関しては勃起力を低下させるだけで何のメリットもありません。
喫煙すると気持ちが落ち着くという方もいますが、これは単なる錯覚です。
タールやニコチン、その他の有害物質は活性酸素を発生させて、身体の免疫力を低下させます。
血行不良にもつながり、勃起不全を招いてしまうのです。
ED治療クリニックの医師は、喫煙者にEDが多いと話しています。

煙草、酒以外の原因で多いのは、運動不足があげられます。
ほとんど運動をしない方は代謝機能が低下しますし、血流も悪くなるものです。
運動をすれば汗をかくので、一時的に血液はドロドロになります。
しかし、これは水分を補給すればすぐに解消する問題です。
運動をしない方のほうが、圧倒的に血流が悪くなりやすいのです。
運動は脂肪を燃焼させる役割がありますが、血中脂質の減少のためにも役立ちます。
下半身の筋力も強化されるので、勃起力が長く続くようになります。
筋力低下は勃起不全を招くので、普段運動する習慣がない方は注意が必要です。
軽いウォーキングでもいいので、2日に1回は実践しましょう。

勃起力低下が始まる年齢とは

勃起力、または精力ともいいますが、最近勃起力の低下で悩む男性が増えています。勃起するまでに長い時間がかかったり、朝立ちしなくなったり、中折れしてしまったり、性生活には深刻な影響です。勃起不全は年齢と深い関係があります。40代で20%、50代で40%、60代で60%の男性が勃起不全と言われており、日本の男性人口の約2割もいます。勃起不全の原因は主に心の問題、肉体の問題、その両方の問題と3つのパターンがあります。心が原因の場合は、おおよそ25歳か45歳の間に低下が起こります。夫婦関係が上手くいかないことでストレスを感じたり、セックス経験が少なく、セックスに失敗して落ち込んだりしてしまうなど、日常的な心因が引き起こします。また、怒りや悲しみなどの単純な感情が引き起こすこともあります。うつ病の人は2人に1人は合併して起こります。45歳から55歳ぐらいの人に多いのは、肉体の原因です。長年たばこを吸ったり、お酒を飲んだりしてきたことで神経や血管が傷んできます。特に陰茎海綿体の血管や神経が傷むと勃起不全になりますそして、ペニスの血管を拡張させる働きがあるのが男性ホルモンに含まれるテストステロンなのですが、年齢があがるとどうしてもその男性ホルモンの分泌が減ってしまいます。55歳から65際になると、肉体と心のどちらも原因で勃起不全になります。高血圧や糖尿病に加え、精神面でも落ち込んできて勃起不全になります。また自分はもう歳だから仕方が無い、とあきらめてしまうことも原因の一つです。今ならば、サプリメントを飲んだり、筋トレをして男性ホルモンを分泌させたる、年齢があがっても勃起力を高める方法は色々ありますので、ぜひ勃起力の向上にチャレンジしてもらいたいと思います。

■オススメED治療薬レビトラサイト
レビトラを通販してみよう
■女性にオススメの治療薬
媚薬の女性用を使って性生活のマンネリ化解消
■勃起力アップにはこちらがおすすめ
メガリス
■ED治療薬のおすすめ通販サイト
カマグラゴールド